二重叶結び

二重叶結び

お守り袋の結びに使われており、結びめの部分が、表側の「十」という形と、裏側の「口」という形から成り、表裏一体で願いが叶うという意味が込めらえている結び方です。背景に並べた虹色の精麻たちは、べんがらで染めました。土からできた素材でまた土へとも戻ります。自然の循環の中にある色どりをお楽しみください。

下の写真は、紅白で縁起の良い二重叶結び、友人の願いが叶うようにお送りしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です